YOASOBI紅白の図書館の場所はどこ?埼玉の角川武蔵野ミュージアムって?

2020年大晦日の紅白歌合戦でYOASOBIが「夜に駆ける」を披露した場所が話題になっています。

楽曲紹介の前には、「埼玉県のある場所から」とだけ紹介されていましたが、本が壁一面に積み上げられた雰囲気のある場所でしたが、一体どこなのでしょうか?

YOASOBIが紅白で中継した図書館の場所は?

YOASOBIが紅白で使った場所,角川武蔵野ミュージアム

YOASOBIが紅白で中継を繋いでいた場所は、ずばり埼玉県所沢市にある「角川武蔵野ミュージアム」でした。

こちらの施設は2020/11/6にグランドオープンしたばかりだそう。

YOASOBIが紅白で使った場所,角川武蔵野ミュージアム

▼内観だけでなく外観もかなり個性的なデザイン。

YOASOBIが紅白で使った場所,角川武蔵野ミュージアム

YOASOBIが紅白で使った場所,角川武蔵野ミュージアム

施設の公式ツイッターでもこちらが使われていたことが明かされていました。

元々が素敵な世界観の場所ですが、YOASOBIの紅白出演時はさらに幻想的な雰囲気に仕上がっていましたね!

MEMO
住所:〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
アクセス:JR武蔵野線「東所沢」駅から徒歩約10分
開館時間:日~木曜 10:00~18:00(最終入場 17:30)/金・土曜のみ 10:00~21:00(最終入場 20:30)
閉館日:毎月第1・第3・第5火曜日(祝日の場合は開館・翌日閉館)
料金:YOASOBIが歌った本棚劇場に入れるKCM スタンダードチケットは1,200 円

YOASOBIが紅白中継に図書館を選んだ理由は?

YOASOBIが紅白で使った場所,角川武蔵野ミュージアム

YOASOBIの「夜に駆ける」は、もともと星野舞夜さんという方の小説『タナトスの誘惑』を原作に作られた曲です。

そのため、小説を連想させる図書館×プロジェクションマッピングも行えて演出の幅が出せる「角川武蔵野ミュージアム」はぴったりの場所だったのでしょう。

それにしてもYOASOBIの紅白でのパフォーマンスは最高でしたね…!

初の生パフォーマンスは今後も貴重な映像として残っていきそうですね。

TAGS:

error: Content is protected !!