安田章大の歌い方が渋谷すばるそっくり?脱退前後の歌声を動画で比較!

安田章大,歌

関ジャニ∞安田章大さんの歌い方が、脱退した渋谷すばるさんに似ている!と感じている方が多いようです。

5人体制となった関ジャニで実質メインボーカルを務めている安田さん。

本当に歌い方を渋谷すばるさんに寄せているのでしょうか?

今回は、

・安田章大さんの歌い方を渋谷すばるさん脱退前後で比較
・安田章大さんは渋谷すばるさんの歌い方に似せているのか?ファンの意見

についてまとめてみました!

安田章大の歌い方が渋谷すばるそっくり?動画で比較!

渋谷すばるメインボーカル時代の安田章大

関ジャニ∞

まずは、渋谷すばるさんがまだ在籍していた時の歌い方から見ていきましょう。

▼『オモイダマ』

こちらは、2018年に行った脱退前最後の7人でのパフォーマンスです。
 
・冒頭:安田章大パート
・0:40、1:36頃:渋谷すばるパート
この曲では、安田章大さんと渋谷すばるさんの歌い方が特段似てる!という印象は受けない気がします。
 

▼『わたし鏡

2007年の関ジャニ∞アルバムに収録されている安田さんのソロ曲『わたし鏡』では、ジャニーズらしい甘い歌声を披露しています。
 
 
見た目も今と全然違う王道ジャニーズです。
 
渋谷すばるさんは、曲によって多少歌い方は違いますがもう少し力強くて男臭い印象なので、やはり似ていないですね。
 

渋谷すばる脱退後の安田章大

▼『ここに』

渋谷すばるさんが脱退後初のシングル『ここに』では、早くも歌い方が変わっているような印象が…。

コアなファンの方からしたら全然違うよ!という感じかもしれませんが、一般人からするとなんか渋谷すばるってこんな声だったかも…という気もしてきますね。

冒頭&1:18頃:安田章大パート
ただ、2019年に同じ曲を披露した際は、また歌い方も変わってマイルドになっているようです。
 

メインボーカル脱退直後は、安田さんももしかすると歌い方を試行錯誤していたのかもしれませんね。

▼『Crystal』

 

脱退後2曲めの『Crystal』では、後半の高音で声を張り上げて歌う部分がやはり渋谷すばるさんに似ていると感じます。

0:28&2:03頃〜:安田章大パート

▼『友よ』

冒頭&2:07頃〜:安田章大パート
こちらの曲で、特に渋谷すばるさんの歌い方に安田章大さんがそっくり!という反応が多かったようです。
 
Crystalと似ているポイントは同じで、高音&声張り上げの部分かなという感じ。
 

 

渋谷すばるの歌い方

一方、渋谷すばるさんの歌い方はどんなだったのかを振り返ってみましょう。

▼『ズッコケ男道』

冒頭、1:07頃〜:渋谷すばるパート

▼『応答セヨ』

0:52頃〜:安田章大パート
1:03頃〜:渋谷すばるパート
やはり音が上がって強く歌う部分は若干声が似ている気がします。
 
ただ、こうして聞いてみると、安田さん自身がメインボーカルを務めるようになった今と歌い方は変わらないのでは?とも感じました。
 
そもそもテレビで見るだけの人たちは、安田章大さんの歌声をじっくりと聴いたことがなかった方が多いはず。
 
メインボーカルになってから目立って歌うところを聴くようになり、渋谷すばるさんと似ていると感じるようになった、ということではないでしょうか?

安田章大の歌い方は渋谷すばるに寄せてる?ファンの意見は?

ファンと一般の人たちとでは感じ方が違うようですが、渋谷すばるさん脱退後の安田章大さんの歌い方について、皆さんはどう感じているのでしょうか?

渋谷すばるに似せていると感じる人の声

安田章大

ファンの間でも、すばるさんを意識しているのでは?と思う方も結構いるようですね。

 

安田章大は“曲によって歌い方が変わる”というファンの主張も

安田章大,歌い方,渋谷すばる

また、安田章大さんは器用でなんでもさらりとこなす方のようで、歌い方も曲や自分がどのポジションかによって変えていた様子。

安田章大,歌い方,渋谷すばる

『関ジャム』では、渋谷すばるさんがメインボーカルでその裏でコーラスを担当する時は「ビブラートを入れて歌うようにする」と話していたことがあります。

そのため、曲によって確かにすばるさんに寄せている部分もあれば、以前から歌い方が変わっていない時もあって、使い分けているのではないか?と思う方もいらっしゃるようですね。

【まとめ】安田章大の歌い方は渋谷すばるに寄せてる?

安田章大

・渋谷すばるの脱退後、安田章大の歌い方が変わった、すばるに寄せていると感じている人が多い
・安田章大は曲によって歌い方を変えている
・曲によって渋谷すばるっぽい歌い方に感じられることもある

渋谷すばるさん脱退後の曲でも、時期によって歌い方が変わったりもしていることから、安田章大さんも歌い方を調整してきたのかもしれません。

5人体制となった関ジャニ∞のメインボーカルとして、グループを支えていって欲しいですね!