ラランドさーやがかわいい!勤務先=博報堂で上智大学卒の才女だった?

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

2020年元旦のおもしろ荘で世間に知られるようになった芸人・ラランド。

NEXT第7世代芸人としてアメトークにも出演するなど、人気急上昇中です。

ボケのさーやさんはぶっこみキャラも印象的ですが、女芸人らしからぬそのかわいいルックスにも注目が集まっています。

この記事では、普段は港区の広告代理店でOLとして働くさーやさんの勤務先や上智大学卒の学歴、子役時代など、プロフィールについてご紹介しています。

ラランドさーやがかわいい!実は子役出身だった

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

サーヤのインスタより

サーヤのプロフィール
・本名:門倉早彩(かどくらさあや)
・出身:東京都
・生年月日:1995年12月13日
・職業:お笑い芸人&港区OL
・過去に子役経験あり

ラランドのサーヤさん、芸名は本名の下の名前のまま。

見た目通りのかわいい名前ですね。

おもしろ荘に出てきた時から「このかわいい女芸人誰?」と気になっていた方もいたようです。

正直、”芸人にしてはかわいい”という方も多い中、確かにサーヤさんはガチでかわいいと思います…!

そんなサーヤさん、実は過去に子役として活動をしていたそうで、自身の経歴をnote(ブログ形式の情報発信サイト)で語っていました。

⬇︎モンスターズインクに登場する女の子「ブー」に扮して雑誌に出ていたサーヤさん。

雑誌とはいえ、ディズニーキャラの実写版を演じるってなかなか凄くないですか!?

お目目もくりくりでかわいい…。

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

実は、小学校に入学するまでずっと子役をやっていました。サスペンスドラマで女優さんの暗い幼少期を演じたり、しまじろうの横で踊ったり、キッズ雑誌のモデルとして付録でありえないくらい喜ぶ子供をやっていたのですが、絶妙に売れかけて、親が学業との兼ね合いを心配する事態になり、夢半ばにして辞めさせられました。

ーサーヤのnoteより

⬇︎ただ、かわいいだけでなくこの頃からお笑い精神をすでに持ち合わせていたようで、自分の顔に落書きするこんな姿も残っていたようです。

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

4歳の頃のサーヤ(インスタより)

 

小学校入学以降は、学業優先の親御さんの方針で、芸能活動はストップされたのだとか。

成績は超優秀な優等生だったらしく、オール5をとっていたそうです。

そのまま芸能活動を続けていたら、今頃は芸人ではなく女優やタレントとして活動、、ということもあり得たかもしれませんね。

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

学生時代のサーヤ(noteより)

おそらく中学〜高校生の頃かと思いますが、noteにアップしていた当時のサーヤさん、口元こそ隠していますが、清楚な雰囲気でかわいいです。。

小学校〜高校まで死ぬほど勉強して偉い偉いと言われるガキをやっていました。図書館で勉強して、寄り道せずに帰って、課題やって、オール5とって、何をモチベーションにしてたか今では全く思い出せない当時の私です。

ーサーヤのnoteより

 

ラランドさーやは港区OL!勤務先は博報堂?

サーヤの勤務先は博報堂?

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

 

サーヤさんと言えば、ご自身でも公言しているように「港区OL」であることが知られています。

大学卒業時に学校側から受けたというインタビューでは、「広告系の会社に就職が決まってて、そこに勤めながらお笑いも続けたいです。」と語っていました。

分かっている会社の情報としては、以下の3つ。

①港区にある
②広告代理店
③副業OKである

名門大学を卒業し、文章や喋りから垣間見える頭の良さもあるサーヤさん。

アメトークでも、「イベントに芸人をキャスティングする側」と話していたので、それなりに大手の広告代理店にお勤めなのではないか?と予想されています。

2大広告代理店である博報堂電通もそれぞれ港区赤坂・汐留にあり、どちらかでは?との噂もありますが、現状どちらも副業は禁止な様子。

港区の広告代理店は副業の可否を問わずで50社程度あるようなので、中々絞るのは難しそうですね。

ちなみに、サーヤさんの上司はお笑い大好きな方らしく、(M-1予選の前日には)「練習あるだろうから休みなよ」と後押ししてくれるなど、応援体制がバッチリなことを明かしていました。

普通に週5勤務で働き、平日の夜や土日はお笑いに時間を割いているそうですが、2019年M-1敗者復活戦への出場や2020年元旦のおもしろ荘出演、さらに2020年3月にはアメトーークへの出演と、ラランドの注目度はますばかり 。

平日休日関係なくお笑いの仕事が増えているらしいにですが、今のところは午前休・午後休など会社の制度をうまく利用しているため、本人にとってはそこまで大変ではないようです。

さらに売れっ子になっていけば両立も難しくなるかも知れませんが、「今の仕事もすごい楽しいし、相乗効果みたいになってるので、あんまり簡単には手放せないかな。」と話されているように、しばらくはこのまま二足のわらじを履き続けるのかも知れません。

 

港区OLとお笑いを両立する理由

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

2019年の「M-1 敗者復活戦」に登場したラランド。

この時出場していた芸人は

  • 和牛
  • ミキ
  • アインシュタイン
  • カミナリ
  • 四千頭身
  • トム・ブラウン

など、名の知れたプロの芸人ばかり。

そんな中、「OLと大学生」という唯一のアマチュアコンビとして残っていたラランドは、当然ながら注目を浴びたようです。

それ以前から、“「プロいかないの?」「社会人なの?」「フリーってこと?」「お笑いは趣味?」”と聞かれることも多く、はじめは正直うんざりしていた様子のサーヤさん。

ですが、大学時代のインタビューで語っていた内容を引き合いに出して、なぜ広告系の企業で働きながらお笑いをやっているのか?について綴っていましたよ。

―卒業後の活動については
 「私は広告系の会社に就職が決まってて、そこに勤めながらお笑いも続けたいです。もちろん激務だと思うんですけど、表舞台に立って人の心を動かす芸人と、裏側から動かす広告の両方を知っておけば、無双できるんじゃないかなと思って。そのどっちの力も付けたいと思ってます

 「前代未聞のことがしたい、最強になりたいです(笑)ただ仕事ではなく趣味でお笑いを続けるにしても、高いレベルを維持していないといけないと思うので。(事務所に)ちょっと声をかけていただいたりもしているので、両立できるような形で所属できたらいいかなと。

(中略)

港区OLをやりながら舞台に立っているこの私が、趣味の域を超えたこういう活動をすることで「社会人のエンターテインメントはここまで!!」「アマが生半可にプロと交わるな!!」「本気なら一本に絞れ!!」というパンピーの煩わしい思想を取っ払っていけたらと思います。だってもう令和なんだぜ、REIWA。頼むよマジで。

副業オッケーの会社が増え、フリーランスの在り方が変わりつつある現代において、エンタメの分野でちょっとした新流派になりたいです。

サーヤさんがお笑いをやり始めたのは、やりたかった子役を「やめされられた」という思いが強かったためのよう。

その反動で大学に入る前から興味を持っていたお笑いサークルに入ったそうです。

なぜOLとお笑い二足のわらじを履いているか?という問いに対してまとめると、以下の2つが大きな理由のようです。

①奨学金返済や私立大に通わせてもらったとてつもない恩義から一旦就職しようと考えた

 

②表舞台に立って人の心を動かす芸人と、裏側から動かす広告の両方を知ることで、前代未聞&最強になりたい

親への恩義という面もありつつ、サーヤさんがTHE・REIWAな考え方の持ち主であることが分かりましたね。

ただ、ニシダさんがまだ大学生であることも関係はしているそうなので、卒業できた暁には、もしかすると芸人一本としての活動もあり得るかもしれません。

 

ラランドさーやは上智大学卒の才女?

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

「上智大学」と表記された卒業証書を持つサーヤ

その大学、というのが、早慶に並ぶ私立の名門・上智大学

外国語学部イスパニア語学科の出身です。(スペイン・ラテンアメリカで使われる公用語)

相方のニシダさんも同じ上智の同級生で、お笑いサークル「オデッセイ」で「ラランド」というコンビを組み、大学4年間ずっと一緒に活動してきたそうです。(他のコンビも兼任しながら)

なお、このイスパニア学科は「鬼のイスパ」と言われるほど厳しく、ニシダさんは必修単位を2年連続で落としてしまい自動的に退学。

復学し、2020年3月の25歳時点でいまだに現役大学生です。

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

サークルの同級生みんな、という意味かと思いますが、卒業時には「わたし以外みんな留年だって、、」とツイート。

ご自身はお笑いの活動もめっこりやりながらきちんと卒業したようで、器用で容量が良い方なのかなと感じますね。

あるいは他が怠惰だったのか、、

その頃から「ラランド」は出る大会ごとに多々優勝を収めるなど、学生時代から評価が高かったのだそう。

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

2018年3月5日にルミネtheよしもとで行われた、全国イチ面白い大学お笑いサークルを決めるお笑い団体戦「NOROSHI2018」では、参加チーム147組の中から決勝8組に選ばれ、所属するサークル「オデッセイ」として優勝を果たしました。

ラランド,サーヤ,かわいい,インスタ,子役,港区OL,会社,どこ,勤務先,広告代理店,大学,上智

上智大学のお笑いサークル「オデッセイ」で出場した「NOROSHI 2018」優勝時

 

⬇︎決勝戦で披露した漫才がこちら。テレビでも披露したことのあるネタですが、学生時代に生まれていたんですね!

 

芸人さんというと、これまでは下積み時代アルバイトをしながらプロの芸人一本でやっていくことを目指す、というスタイルがメジャーだったイメージ。

REIWAのNEXT第7世代芸人・ラランドのサーヤさんも、今後事務所に所属し芸人としてやっていくことも視野には入れているようですが(現在はフリー)、一方で会社員と芸人の両立にもかなり前向きな様子。

今後サーヤさんがどんな働き方をされていくのかが楽しみですね!