そのときめきは本物?衝動買いを防ぐためのアイデアをご紹介♪

日頃のストレスからくる物欲だったり、たまたま目にしたものにときめいてしまったり、自分との戦いに負けて衝動買いしてしまうことってありますよね…。

ミワ

つい予定外の買い物しちゃった…罪悪感…。

そこで今回は、衝動買いを減らすために日頃からできる対策や、マインド面のコントロール方法をご紹介します!

情報の過剰インプットをやめよう

物を買いたくなるのって、素敵だなーと思うものの情報が入ってきた時じゃないかなと思います。

雑誌に載っている着こなしが可愛かった、フォローしているインスタグラマーさんが取り上げていたとか。

結果、それまでは必要性を感じていなかったにもかかわらず欲しくなってしまう。

それならば、不必要な情報をインプットしづらい環境を作ることが大事なんじゃないかと思います。

すぐにできるシャットアウト方法としては3つ。

  1. アプリのPUSH通知をオフにする
  2. 登録するメールマガジンを整理する
  3. インスタグラムのフォローアカウントを整理する

例えば特定のブランドのアプリやメールマジンなど、売る側のタイミングで通知がくるお知らせをなるべく受け取らないことも大切です。

本当に必要なものは、いざ必要になったときに調べれば事足りるはず。

また、インスタグラムのアカウントもフォローしすぎるとストーリーなどで目に入ってきてしまうので、例えば気になる商品があったらその投稿を保存したりスクリーンショットしておけば、実際買いたくなった時に探しやすくなります。

メルマガやアプリは会員割引がきいたりすることもあるので、登録自体は残しておいても良いかなと思いますが、買い物が終わったら一度削除やメルマガ配信停止にしておくのがおすすめです◎

日頃の小さな出費を我慢しすぎない

おやつを我慢するのが私にとっては一番乗り越えるのが難しい壁でして…。

しかしながら、そんな私も救われるような記事が。

記事によると、同じ類でコンビニコーヒーなど、ストレス発散にも繋がる小さな出費を毎日我慢していると、大きな出費を誘発しかねないとのこと。

最近フォローさせて頂いた、フォロワー数3.9万人の人気インスタグラマーすずさんもこんな記事を書いていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

暮らしに役立つコラム掲載📚すずさん(@suzu1985)がシェアした投稿

なるべく無駄遣いを減らそうと、日頃から会社にはインスタントコーヒーを持参して飲んだり、お菓子も個包装じゃないファミリーパックのものを何回かにわけておやつにしてみたりとかやっているのですが、たまにはコンビニコーヒーやスタバも罪悪感を感じずに楽しんで良いんだなあと思えると救われますよね…!

安いだけでものを買わない

セールだから、安いからというだけで妥協して買い物していませんか?

安さ重視で何かを選んでも、長く大切に使えないことには上手な買い物とは言えないと思うんです。

もちろん、同じようなものならより安い方が嬉しいです。

でも私が一番心がけているのは、買おうとしているものに心がときめくか?愛せるか?です。

毎回分不相応に質も値段も高いものを買うのはちょっと違いますが、誕生日など特別なときに長く使えそうなものをお金を貯めて買うのはありだと考えてます。

ちゃんと気に入ったものを選べば使う度に気分も上がるし、長い目で見れば価値のある買い物になるのではないでしょうか?

ミワ

とはいえ本当に必要なものかどうかは吟味しましょう♪

手持ちのアイテムを整理する

今持っている洋服などを一度整理して、何が使えるのかを定期的に見直すことも大切です。
意外とまだ使える洋服あるなって思うかもしれません。

また、一つ買ったら一つ処分する、というように、ものを持ちすぎないこと。

おすすめは、クローゼットの中にしまいこみすぎず、シーズンのレギュラー服を見えるところに出しておくこと◎
私はシンプルなシルバーのラック(ニトリで購入)を持っていたので、そこによく着る服たちをかけています。

ぎゅうぎゅうに並べないのもポイント。
お気に入り服がきれいに並んでかけられている状態だと、気分も上がるし今持っているものに満足出来るようになるので、買い物欲の減少につながりますよ。

ちなみに、いらないものはメルカリで処分したり、捨てずに引き取ってもらったりしましょう!

ZOZOTOWNなら、値段がつかないような服も引き取ってくれます◎(ほぼお金にはならないけれど十分!)

メルカリは計算してみたところ、私が2~3年の間に売ったものの総額なんと10万円ちょっとでした。

年間だとそこまで大きな金額じゃないけど、不用品でこれだけお金になるなら有り難いですよね。

終わりに

お気に入りの本で、「フランス人は10着しか服を持たない」というベストセラーがあります。

10着しか持たないというのは例えで、本当にそれだけしか持つべきではない、ということではなく
「今の自分に似合う服、本当に愛せる服だけを揃える」ということ。

この本に関しては感銘を受けた内容が沢山あるので、改めて単独の記事も書きたいと思います!

大切に使えるものを吟味して、満足度の高い買い物をしたいですね。

では♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です