豆柴の大群ミユキがレコ大で倒れて炎上?失礼と言われる理由や動画は?

2020年12月30日放送の『日本レコード大賞』で、新人賞にノミネートされた豆柴の大群。

最優秀新人賞の受賞者発表シーンで、ミユキエンジェルさんが倒れたことで、失礼では?と炎上してしまったようですね。。

問題のシーンと、なぜ失礼だと言われてしまったのか?そしてネットの反応についてまとめました。

レコ大で豆柴の大群ミユキが倒れた!?【動画】

まず、失礼と炎上してしまった話題のシーンがこちらです。

おそらく一部の視聴者からクレームなのか心配なのか、何かしらの反応が届いたのでしょう。

その後、安住紳一郎アナウンサーが以下のように、謝罪と説明をしていました。

「豆柴の大群のナオさんかカエデさんがね、倒れたんですけれども、心配されてる方がいらっしゃるかもしれませんが、番組の密着が入ってたみたいで、お芝居でそういう演出だったみたいですね。本気で心配された方がいらっしゃったようです、大変申し訳ございません。元気です。」

※この時はナオさんかカエデさん、と言っていますが、正しくは「ミユキエンジェル」さんでした。

豆柴の大群とプロデューサーのクロちゃん

一番右が、レコ大で倒れたミユキエンジェルさん

▼その後、メンバーによって抱えられていますが、皆さんの表情が笑顔なことから分かる通り、ただの演出で、ウケを狙ったものだったようです。

第62回日本レコード大賞,2020,豆柴の大群御幸エンジェルが倒れて抱えられているシーン

まあ映像を見れば「倒れた」というより最優秀新人賞私たちじゃないんかい!という感じのノリで「ズッコけた」といった方がしっくりきますが…。

ただ、お笑いで倒れたことは分かるとしても、面白くないし、レコ大の場で倒れたこと自体が失礼、と非難されてしまいましたね。

豆柴の大群ミユキの転倒が失礼と炎上?

第62回日本レコード大賞,2020,豆柴の大群御幸エンジェルが倒れたシーン

そもそも、今回の最優秀新人賞の受賞者は、「真田ナオキさん」で、残念ながら豆柴の大群は受賞を逃してしまいました。

本来なら真田ナオキさんにもっとフォーカスが当たるべきところを、豆柴の大群がずっこけてしまったことで話題をかっさらってしまった形に…。

そのため、真田ナオキさんに失礼ではないか?との声が上がる事態となりました。

また、日本レコード大賞自体も第62回を迎える歴史ある番組。

そんな中で前代未聞の?行動を豆柴の大群がとってしまったことで、長年続いている番組にも失礼だという捉え方をされる方が出てきてしまったようですね。

豆柴の大群ミユキ転倒にネットの声は

安住アナウンサーも「番組の取材が入っていた」と言っていましたが、おそらく豆柴の大群を生み出した「水曜日のダウンタウン」だと言われています。

水ダウのバラエティノリであれば許される演出かもしれませんが、やはり日本レコード大賞という老若男女が見る番組でやるパフォーマンスとしては相応しくなかったのかもしれませんね…。

豆柴の大群の「炎上商法」とも言われ、確かに名前はより認知されたかもしれませんが、同時にアンチも増やしてしまったのかも。

今後彼女たちから謝罪があるのか、どれだけ応援されていくのかも注目してみたいと思います。