生田絵梨花はドイツ生まれのお嬢様!父親は外資系企業のエリート?

生田絵梨花,ドイツ,デュッセルドルフ,父親

 

乃木坂46の清楚系お嬢様枠・生田絵梨花さん♪

ドイツで生まれた背景や、ハーフなのか?ドイツ語はできるのか?などの疑問にお答えしていきます。

 

生田絵梨花はドイツで生まれた

ハーフではないの?

生まれたのはドイツですが、生田絵梨花さんの両親は純日本人。ちなみに2才上のお姉さんもいる4人家族です。

デュッセルドルフという地域で生まれ、生まれてから5歳まで過ごしたそう。

 

ドイツ語は話せるの?

昔は話せていたということですが、今ではありがとうを意味する「danke schon(ダンケシェーン)」位しか話せないとのこと。笑

ドイツ語の教科書1ページ目で分かりそう。笑

幼少期しか住んでいなかったので、簡単な言葉しか使っていなかったのかもしれませんね。

 

 
 

ちなみに、乃木坂では「ダンケシェーン」という曲まで出しています。

もちろんセンターは生田絵梨花!

 

 

出身地のデュッセルドルフってどんな場所?

デュッセルドルフについて

デュッセルドルフ,生田絵梨花

出典:海外ZINE

 

ドイツ北西部にある国際都市で、「ヨーロッパ屈指の日本人街がある」ことで有名なデュッセルドルフ。

人口約60万人のわりと大きな都市で、日本からも直行便が出ています。

日系企業が多く集まるインマーマン通りというところと、ライン川の向こう側に広がるオーバーカッセル地区というところが日本人街として知られていますが、特にオーバーカッセルはデュッセルドルフの中では富裕層が多く住む閑静な高級住宅街で、日本人駐在員家族の多くがこの辺りに住んでいるそうです。

日本語だけで生活できてしまう程一部のエリアでは日本人が多いらしいので、生田絵梨花さんがドイツ語をほとんど喋れないのも無理ないかも。

”お嬢様”と言われる生田絵梨花さんの家族もこの辺りに住まれていたのかもしれませんね。

 

1stソロ写真集もデュッセルドルフで撮影!

 

生田絵梨花,ドイツ,デュッセルドルフ,写真集

 

生田絵梨花さんが19歳だった2016年に発売された1st写真集「転調」は、オールドイツロケ!

デュッセルドルフで撮影されたショットもたくさんあります♪

ファンの間では、ドイツを訪れた際の聖地巡礼スポットになっているようです。

 

 

 

ドイツ生まれの理由は父親の海外赴任

お父さんは一橋卒のエリートビジネスマン

生田絵梨花,ドイツ,デュッセルドルフ,父親

出典:The Road To Sparta

生田絵梨花,ドイツ,デュッセルドルフ,父親

出典:http://adtech-tokyo.com/2015/ja/speaker/speaker.html?num=spk069

 

そもそも、ドイツで生まれ育ったのはお父さんの仕事の都合。

当時KDD(今のKDDI)に勤務しており、ドイツ法人立ち上げのため1995年にデュッセルドルフに赴任されたそう。

大手企業で海外法人立ち上げとは、かなり優秀な方なのでしょうね。

帰国後はシスコシステムズというアメリカ本社の世界最大のネットワーク機器開発企業に移り、マーケティング本部のマネージャーを務められています。

シスコシステムズはグローバルの従業員数が7万人を超える超大手企業で、日本だけでも社員数は1,180人。

年収が高いことでも知られています。(OpenWorkによると平均年収は1348万円、さらに、生田パパは50代で役職づきのようなので推定年収は2000~3000万近くの可能性もあります。)

趣味はトライアスロンとのことで、アクティブなパパさんですよね。

そしてお顔がイケメン

目元と、薄めの唇が生田絵梨花さんとよく似ています。

ちなみに2つ上のお姉さんは東京大学卒親戚(お父さんのいとこ)には佐久間正英さんというJUDY AND MARY、GLAY、エレカシなどをプロデュースした凄腕音楽プロデューサーさんがいらっしゃるそうですよ。

なんとハイスペックな家系でしょうか。。。

 

生田絵梨花の写真集にも登場したパパ

生田絵梨花,ドイツ,デュッセルドルフ,転調,父親

そんな生田パパ、上述のソロ写真集にもこっそり登場していました。

撮影を行っていた期間、ご両親もドイツに来られ夫婦旅行を楽しんでいたそうで、「1日だけ両親が撮影見学に来たんですけど、そのときに『写っちゃおうか?』という話になって。実は私のお父さんが映り込んでいる写真があるんです。」「ピンぼけで手前に写っているのがお父さんです。」と明かしています。(@ソロ写真集発売記念お渡し会)

そのカットはカフェでのひとコマを切り取ったものだそう。

娘の撮影に合わせて現地に来られるなんて、かなり仲が良い証拠ですよね。

はーほんとに理想的なパパ…。

生田絵梨花本人もエリートだった?

幼少期から音楽の英才教育を受けていた

生田絵梨花,ドイツ,ピアノ

生田絵梨花さん自身も音楽の分野で超エリート。

ドイツにいた3歳の頃からピアノを習いはじめ、名門・東京音大のピアノ科に入学するほど。

乃木坂のオーディションに合格した2011年には、「第21回日本クラシック音楽コンクール」という一般社団法人「日本クラシック音楽協会」が実施する格式高いコンクールでも入賞する実績を残しています。

幼少期のピアノに関するエピソードについてこんな風にも語っています。

「日本に戻ってきたのは5歳の時です。それで近くのピアノ教室に通い始めたんですけど、超スパルタで。練習や試験がすごく厳しい教室だったんですよ。だから、常に“やらなきゃ!”っていう気持ちで毎日必死に練習してましたね。
ドイツにいた時は単純にピアノが大好きだったんですけど。小学校に入ってからは“練習をきちんとやらないと、全部自分に返ってくる”って、そういう気持ちになっていました。親も相当厳しかったと思います。やっぱり小さい子供って、親が厳しくないと伸びないので」(excite newsより)

乃木坂のライブやMステなどでも度々ピアノを演奏する姿が見られます♪

音大を卒業しても音楽で食べていける方が少ない中、お仕事にも活かせているのはすごいことですよね。

 

まとめ

 

ドイツで生まれ育ったお嬢様・生田絵梨花さん。

イメージそのままにこれからもアイドル活動を続けていってほしいです♪

1 Comment

生田絵梨花の姉は東大との噂!姉妹の画像あり | 裏芸能ニュース

[…] 出典:https://summer-century.com/ […]

現在コメントは受け付けておりません。