愛ちゃんの解説、絶賛の内容まとめ!例えが分かりやすくて声も可愛い!

2021年1月17日、全日本卓球選手権の女子シングルス決勝が行われました。

解説を担当したのは、愛ちゃんこと福原愛さんでしたが、その解説が「分かりやすい!」「可愛い!」と絶賛されているようです。

一体どんな解説だったのでしょうか?その内容をまとめてみました。

愛ちゃんの解説が絶賛の理由は?内容まとめ

愛ちゃんの解説音声

2021年1月17日の全日本卓球選手権女子シングルス決勝戦。

まずは福原愛さんによる、女子シングルス決勝戦の解説音声がこちら。

対戦したのは、石川佳純選手VS伊藤美誠選手。

そして解説を担当したのが2016年のリオデジャネイロ五輪で二人と共に女子団体銅メダルを獲得した福原愛さん

リオ五輪当時の感動を知る視聴者にとっては、中々にエモい組み合わせになりました。

リオデジャネイロ五輪,卓球女子団体,福原愛,石川佳純,伊藤美誠

リオデジャネイロ五輪でチームメンバーだった3人

試合が終わり、敗れた伊藤美誠選手に対しても、暖かいコメントを送った愛ちゃん。

今回福原愛さんの解説が絶賛されたのは、

  1. 柔らかな口調や声の聞き取りやすさ
  2. 卓球素人にも分かりやすい解説
  3. 例えが独特でかわいい

という3つの理由があったようです。

上の解説音声を聞いてみても、確かに愛ちゃんらしい、柔らかな話し方が癒されますよね。

口調の可愛さだけでなく、2018年10月まで現役として活躍していたからこその選手目線、卓球にそこまで明るくない人にも分かりやすい解説が大きな反響となったようでした。

例えが食べ物ばかりでかわいい

2021年全日本卓球女子選手権,福原愛解説

さらに話題になったのが、愛ちゃんの解説の中での独特な例え。

▼石川佳純選手の誘い玉により、伊藤美誠選手がミスしてしまった時のあいちゃんの解説はこんな感じでした。

実況「今のプレー、どういう状態と言えますかね?」

 

愛ちゃん「そうですね。例えて言うなら、とてもお腹が空いてる所にご馳走が出てきたので手を洗わずに食べてお腹を壊しちゃったって感じですね」

 

実況「…」

分かるような分からないような…

ただ、可愛いことには違いありません。

若手選手の活躍が目覚ましいことに関しては、ポンポン新しい芽が出てくる、というニュアンスを伝えたかったのか、「ポップコーン」がはじける様子に例える場面も。

福原愛さんのあの柔らかい、ゆっくりした口調でゆるい例えをされると、緊張感ある試合なのになぜか和んでしまうという方が多かったようです。

愛ちゃんの解説にネットの反応は?

芸能レポーターの井上公造さんも、福原愛さんの解説が素晴らしいと絶賛。

視聴者も、愛ちゃんの心のこもった、鋭く時に面白い解説に感心していたようでした。

現役を引退し、すっかり奥さん&ママとしての家庭的な印象がついてきていた福原愛さんでしたが、この試合での好評を受けて、今後は解説者としての需要も高まっていきそうです!

error: Content is protected !!