極主夫道に原作と違う、改悪の声…娘の存在に困惑するファン多数?

極主夫道のキービジュアル,玉木宏,川口春奈,志尊淳,白鳥玉季

2020年10月からスタートしたドラマ『極主夫道』。

大人気コミックが原作のストーリーですが、どうやら原作ファンからは不評の声が多く湧き上がっているようです。

今回は、住んでいる家や娘の存在など、原作と違うと言われている具体的な箇所、原作漫画ファンの反応をまとめてみました。

極主夫道で原作と違う箇所①ボロアパート住まいではない

極主夫道の原作では、主人公の龍とその妻・美久が二人で暮らす家は2階建てのボロアパートでした。

極主夫道,原作,アパート

出典:中央の画が原作で龍と美久が住むボロアパート

しかしながら、ドラマ版ではこじゃれた外観&内装の一戸建てになっていました。

極主夫道,ドラマ版で龍と美久が住む一戸建て

極主夫道,玉木宏演じる龍

出典:極主夫道インスタグラム

極主夫道,川口春奈演じる美久

出典:極主夫道インスタグラム

▼2019年12月に、『極主夫道』のコミック累計120万部突破を記念して製作されたPVでは、声優兼俳優の津田健次郎さんが龍を演じ、原作漫画の世界観を見事に表現した内容が絶賛されていました。

その時は自宅もそのまんまの2階建アパートだったのですが、ドラマ版ではなぜだか変更になったのですね。

極主夫道で原作と違う箇所②娘がいる

さらに大きな原作との違いは、龍と美久に一人娘・向日葵がいること。

演じているのは、ドラマ『テセウスの船』などで知名度が上がっている白鳥玉季ちゃんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿

専業主夫になりたての元ヤクザが世俗に疎い、という設定が原作漫画の面白さなのに、それなりに大きな子供がいてもなお世間龍がを知らないというのは無理がある、という意見もあり、確かになあといったところです。

極主夫道で原作と違う箇所③ドラマオリジナルキャラクター

玉城ティナさん演じる純喫茶の看板娘・大前ゆかりも、原作漫画の極主夫道には登場しないドラマオリジナルキャラクターです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿

 
設定は、龍のインスタを龍のものとは知らずフォローしている、アルバイトの女子大生。
 
なぜ敢えてこのキャラクターを登場させたのかは分かりませんが、サブキャラなので物語に大きく影響を与えるわけでもなさそう。
 
こちらは単純に可愛いといった声が多いようでした。

極主夫道の原作との相違にファンから「改悪」の声?

一部では、ドラマはドラマで、別物としてみれば面白いという擁護の声もありますが…。

やはり多くの原作ファンからは、改悪・つまらなくなってしまったなど厳しめな反応が大多数だったように思います。

漫画や小説が原作のドラマで、原作に100%忠実、というのも逆に珍しいかもしれませんが、つまらないという声が多くなるのは残念ですよね。

原作を知っている人にとっては難しい部分もあるでしょうが、原作と似て非なるもの、として楽しむのが正解なのかもしれませんね…!