馬瓜エブリンの両親はガーナ人!名字のルーツや国籍、生まれ育った場所は?

東京五輪の女子バスケットボールで日本代表選手を務めた馬瓜 エブリン(まうり えぶりん)さん。

エースにふさわしい大活躍とユニークな人柄で人気が集まり、注目の的となりました。

今回はそんなエブリンさんの、国籍や生い立ちといったルーツについて詳しく紹介していきます!

馬瓜エブリンの両親はガーナ人

馬瓜エブリンさん近影

「馬瓜 エブリンさん」というお名前を見る限りでは、エブリンさんは日本とのハーフのようにも思えますよね。

が、ご両親はどちらもガーナ共和国の出身で、ガーナ人なのだそう。

つまりエブリンさんは「ハーフではなくガーナ人」ということになります。

が、日本に帰化しているのでエブリンさんは日本人として代表選手を務めました。

それでは次に、エブリンさんの気になるご家族の顔写真を紹介します。

エブリンさん一家の家族写真

エブリンさんは、父と母、そして同じくバスケット選手である3歳年下の妹との4人家族。

お父様・・・馬瓜 ニコラスさん

お母様・・・馬瓜フランシスカさん

長女・・・・馬瓜 エブリンさん

次女・・・・馬瓜 ステファニーさん

馬瓜さんご家族

(左から)ニコラスさん、ステファニーさん、フランシスカさん、エブリンさん

上の画像は、エブリンさんが中学生の頃に撮影されたものだそうです。

次に紹介する画像も、同じく家族4人で写っています。

馬瓜さんご家族

(左から)フランシスカさん、エブリンさん、ステファニーさん、ニコラスさん

お父様もお母様も、とても優しそうな方々ですね。

どの画像からも、ご家族みんなの仲が良さそうな印象を受けます。

日本語を知らないまま来日

ご両親はガーナで結婚し、日本へ移住したのは結婚後のことなのだそう。

「もっと日本でエンジニアの勉強をしたい」という気持ちから、父・ニコラスさんは来日を決意。

まずはお父様が単身日本へ、その後お母様が追って来日するといった流れだったようです。

バスケットボールの馬瓜エブリン、馬瓜ステファニー姉妹は、両親がガーナ出身の愛知県で生まれ育つ。(中略)父はエンジニアで、日本に留学すると、1年後に母も来日。日本で出産したと語る。

【引用】ジャンクSPORTS(フジテレビ) 2018/03/18放送より

ご両親が日本へ来た当時はお二人とも日本語が分からない状態だったそう。

それでも勉強をしたい気持ちの強かったお父様は、大学へと進みます。

大学でできた友人たちに助けられながら、エブリンさんのご両親は日本での生活を始めたようです。

両親の仕事は?

前述の通り、お父様のニコラスさんはガーナにいたころからエンジニアの勉強をしていました。

大学で勉強をした後、エンジニアとして企業に勤め始めたそうです。

エブリンさんを紹介する新聞記事にも、父・ニコラスさんの職業が記載されていました。

エブリンさんの紹介j記事

【出典】朝日新聞 2021/03/21より

お父様の在籍している企業名は、愛知県在住ということもあり「トヨタ自動車では?」と言われています。

が、今のところはっきりとは分かっていない様子。

一方、お母様のフランシスカさんは特に情報がないことから「専業主婦らしい」と見られているようです。

エブリンのバスケのために帰化

スキルアップのため日本へやってきた、エブリンさんのご両親。

今では家族全員が日本へ帰化していますが、エブリンさん姉妹が誕生した後もガーナ国籍のままでした。

が、エブリンさんが14歳の頃に、ご両親は日本への帰化を決意

その理由は「エブリンさんがバスケットボール日本代表として出場を果たすため」でした。

エブリンさんが20歳以上であれば日本国籍を取得し、代表選手の座を射止めることは可能。

ですが当時のエブリンさんはまだ14歳で未成年。

未成年者が帰化するためには両親の日本国籍も必要となります。

「バスケットボールの日本代表になりたい」……エブリンの希望をかなえるため、両親が苦難の末に両親が日本国籍を取得。エブリンは14歳の時に16歳以下の「日本代表」として国際試合への初出場を果たした。

【引用】マイナビニュース 2021/08/21より

日本語が分からない状態で来日したご両親は、帰化申請に大変な苦労をされたようです。

「家で両親が日本語の勉強しているんですよ。両親にとって一番辛いのが読み書き面接だけならいいですけど、読み書きはだいぶ苦労していました。仕事して夜遅く帰ってきても漢字の勉強をしていましたね。それでも迷わずに帰化することを選んでくれたこれは自分が大人になったら恩返ししないとって思いました。

【引用】https://gendai.ismedia.jp/より

バスケット選手としてエブリンさんが活躍できる今があるのは、ご両親の努力の成果でもあったよう。

エブリンさんの、ご両親への深い感謝の気持ちがコメントからも伝わってきますね。

「馬瓜」という名字はどこから?

馬瓜エブリンさん近影

馬瓜(まうり)という、とても珍しいエブリンさんの苗字。

苗字の由来や意味が気になります。

そこで「馬瓜」という苗字について詳しく調べてみました。

父のガーナ名「マウリ」にエブリンは

「馬瓜」という苗字は、実は父・ニコラスさんのガーナ名「Mawuli(マウリ)」さんから付けられたのだそう。

「マウリ」というお名前に漢字をあて、日本名では「馬瓜」さんと名乗っているようです。

ちなみにエブリンさんは、スラムダンクの「桜木花道」の名前をとって「桜木」が良かったのだとか。

スラムダンク 桜木花道

馬瓜姉妹は、父のガーナの名前が「マウリ」だったが、姉はスラムダンクの「桜木花道」から「桜木」という苗字にしたかったなど、いろいろ考えていたが「馬瓜」に決まっていたという。

【引用】ジャンクSPORTS(フジテレビ) 2018/03/18放送より

明るく楽しい印象の強いエブリンさんですが、苗字を決める際にも上記のような提案をしていたようです。

ファンの間でも「馬瓜姉妹の苗字にまつわるユニークなエピソード」は話題になった様子。

確かにエブリンさんたち姉妹の人柄を感じさせる、微笑ましいエピソードですよね。

馬瓜エブリン、国籍も生まれ育った場所も日本

エブリンさんとナゴヤ飯

日本国籍を取得済みのエブリンさん。

実際に帰化したのは14歳の頃でしたが、生まれも育ちも日本です。

ではここで、エブリンさんの生まれた土地や出身校などの来歴を紹介していきます。

「愛知県豊橋市」生まれ

エブリンさんは愛知県豊橋市の生まれ

前述の通り、母・フランシスカさんが父・ニコラスさんを追ってガーナから日本へ。

その後、エブリンさんとステファニーさん姉妹を出産しました。

生まれは豊橋市ですが、育った場所は同じ愛知県の東郷市です。

2021年の現時点では、名古屋市に本拠地を置くバスケットチーム「トヨタ自動車アンテロープス」に所属。

愛知で生まれ育ったエブリン選手。愛知の自慢は食べ物だといいます。お気に入りは…。

馬瓜エブリン選手: 「2つあるんですよ、どうしても1つに絞り切れなくて。味噌カツと、手羽先」  

ザ・ナゴヤ飯が好きなエブリン選手

【引用】東海テレビ 2021/07/27より

生まれ育ちが愛知県なだけあって、エブリンさんの好物もご当地メニューが多いようです。

エブリンの出身校

エブリンさんの出身小学校は生まれ育った愛知県にある「愛知県東郷町立 高嶺小学校」

小学生時代の同級生の方から、ツイッターでリプライされていました。

そして中学校は「愛知県東郷町立 東郷中学校」へ、その後同じく愛知県にあるバスケットの強豪校「桜花学園高等学校」へと進学します。

下の画像は、過去の日本代表候補選手のメンバー表のもの。

エブリンさんの氏名と出身中学校、当時在籍していた高校名が記載されています。

ちなみに次に紹介する、妹・ステファニーさんも同じ「桜花高等学校」の卒業生だそう。

妹・ステファニーも日本生まれ日本育ち

妹・ステファニーさんもエブリンさんと同じ「トヨタ自動車アンテロープス」に所属する、プロのバスケット選手です。

ステファニーさんも東京五輪の競技、3on3バスケット女子の日本代表選手として活躍しました。

妹・ステファニーさんとエブリンさん

(右)妹・ステファニーさんと

ステファニーさんはエブリンさんと3つ違い。

ともに愛知県で生まれの愛知県育ちです。

「幼い頃は喧嘩ばかりしていて仲が悪かった」とコメントする機会の多い、ステファニーさん。

今ではお互いのSNSや、エブリンさんのYouTubeチャンネル『えぶの部屋』にも登場するなど仲の良さが垣間見えます。

姉妹ならではの面白いトークを繰り広げ、どちらも人気の高いプロバスケット選手であるお二人。

お二人そろって日本の代表選手を務めるとは、かなりの努力と才能に恵まれた姉妹のようですね。

馬瓜エブリン&両親、妹とのエピソード

女子バスケットボールの日本代表選手として大活躍のエブリンさん。

その活躍を支えてくれた、ご両親の深い愛情が分かるエピソードの数々を紹介します。

また、エブリンさんのご両親の故郷・ガーナへ母と妹で行った時のエピソードもあわせて見ていきましょう。

「周りの日本人とは違う」ことに母は

エブリンさんを温かく見守ってくれるご両親の愛情は、日本へ帰化した際の苦労話からもよく分かりますよね。
 

ですが他にもお母様の、エブリンさんに対する愛情の強さが分かるエピソードがありました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stephanie Mawuli 馬瓜 ステファニー(@stephanie_mawuli)がシェアした投稿

 

2008年にエブリンさんが作文を発表した、「法務省・人権作文コンテスト」。

このコンテストで愛知県の最優秀賞を受賞したエブリンさんの作文のタイトルは『笑顔になるために』です。

「私は母に『どうして私は日本語をしゃべれるのに、肌や髪の毛や体は違うの?』と質問しました。すると『あなたは日本人じゃなくてガーナ人だからそれが普通なの』と母は答えました。『人と違うところを悲しむのではなく、喜びをもって最大限に生かしなさい』」(授賞式で作文を読みあげるエブリンさん 当時13歳)

 “見た目の違い”を、からかわれていた子どもの頃。人と話すことが怖くなり、1人で過ごす時間が増えていきました。

本当に嫌で、大人になったら手術しようとかいろいろ考えていた。何もしゃべらなくてはいいのではという気持ちが大きかった」(エブリンさん 当時13歳)

【引用】メ~テレ 2021/06/30より

「周りの日本人と違う」ことに悩み、ふさぎ込んでしまったというエブリンさん。

そんなエブリンさんに対し、母は次のように言葉を掛けてくれたのだそう。

もし誰かが『あなたは黒い』と言ってきても『私はガーナ人だから黒いのよ』とニコニコと笑えばいい。その人はまた『黒い』とは言えなくなる。ニコニコして仲良くするのが1番いいといつも話している」(フランシスカさん)

【引用】メ~テレ 2021/06/30より

母の言葉のおかげで「気持ちが楽になり、肩の力が抜けた感じがした」というエブリンさん。

「すごく気持ちが楽になったというか、肩の力が抜けた感じですね。面白いことに変えて、相手が笑うから自分も笑えるという感じ」(エブリンさん 当時13歳)
 
【引用】メ~テレ 2021/06/30より
周りの皆も幸せにしてくれる今のエブリンさんが持つ明るい笑顔には、母・フランシスカさんとの素敵なエピソードが隠れていたようです。

母、妹と3人でガーナへ

エブリンさんが初めてガーナへ行ったのは2歳の頃だったそう。

母・フランシスカさんと妹・ステファニーさんとの3人での旅行だったようです。

その時のことを振り返ってエブリンさんは「めちゃくちゃ楽しかった」とコメントしていました。

「(前略)お母さんにとっては里帰りだけど、自分にとっては遊びにいった感覚でした。いろんな親戚にも会ったけど全然知らなくて(笑)、自分としては本当に海外に行った感じ。」

【引用】https://gendai.ismedia.jp/より

また、多くの日本人が持っているような疑問や先入観を、自分が持っている事にも気が付いたのだそう。

「(前略)完全に自分は日本人だなと思ったのが、アフリカが未知の領域すぎて、どういう生活してるんだろうって思ってたからです。でも実際行ってみたらショッピングモールもあるし、高いビルもあるし、住めるって感じました。妹は着いた瞬間に、帰りたいって言ってましたけどね(笑)」

【引用】https://gendai.ismedia.jp/より

13歳の頃には自分とは違う周囲の日本人との差に悩み、ふさぎ込んでしまったエブリンさん。

ですがエブリンさんにとってのガーナは、自分のルーツというよりも「両親の生まれ故郷」といった感覚に近いものがあったようです。

家庭では「親が作るガーナ料理」

家庭では「親が作るガーナ料理を食べていた」というエブリンさん。

やっぱり親が作るのはガーナ料理なんですよ。今でも好きで作ってもらうのは『カクロ』っていうガーナのバナナケーキ。バナナをマッシュして生姜などを練り込み、団子みたいにして油で揚げる。これがめっちゃうまいんですよ。ガーナ料理では定番です。

【引用】YAHOO!ニュースより

「愛知県のご当地メニューも好き」とコメントしていたエブリンさんですが、今でも好きというガーナ料理は定番のもの。

下の画像は、そのカクロというケーキを妹・ステファニーさんと食べている時の様子です。

ただ、ガーナ料理は「手で食べる」ことが普通だったため、日本の風習との違いに悩んだ時期も。

あと、バンクとフフっていう主食を手で食べます手で食べることが家では普通だったけど、それができない時期があったんです。手で食べるのが恥ずかしいみたいな。家族だけで食べるときは手で食べるけど、友達が家に来たとき『どうやって食べるの』って聞かれるのが、一時期嫌なときがありました。

【引用】YAHOO!ニュースより

日本で生まれ育ったエブリンさんにしてみれば、家庭での「普通」に戸惑うことも多かったようです。

とはいえガーナ料理だけではなく、母・フランシスカさんは日本食も作ってくれていたのだそう。

馬瓜姉妹は、母が日本食も得意で、「味噌煮込みうどん」を作ってくれると語る。

【引用】ジャンクSPORTS(フジテレビ) 2018/03/18放送より

どうやらお母様は、お料理全般が得意なように見受けられますね。

馬瓜エブリンの英語力は?

馬瓜エブリンさん近影

ともにガーナ人で、来日当初は「日本語が分からなかった」というご両親を持つエブリンさん。

英語ができそうなイメージがありますが、語学力はどのくらいの実力の持ち主なのでしょうか?

英語はヒアリングのみ?

エブリンさんの英語力に関しては「日常会話」程度、といったところだそうです。

以前、トークバラエティ番組「行列のできる法律相談所」へ出演した際にそうコメントをしています。

他にもスポーツ情報番組「東京VICTORY」では、

  • 両親同士は普段、英語で会話をしている
  • エブリンさんたち姉妹は、両親に日本語で話しかける
  • 両親は日本語を理解して、姉妹に英語で返答する
  • 英語を理解したエブリンさん姉妹が、さらに日本語で返す

とコメント。

「ヒアリングONLYでNOスピーキング」と答えるエブリンさんにスタジオに笑いが起きています。

プロのバスケット選手として人気も実力も高い馬瓜エブリンさんですが、こうしたトーク力の高さでも注目されています。

これからもバスケットだけでなく、その明るいキャラクターでどんどんファンを増やしていって欲しいですね。

error: Content is protected !!