バスカフェ視察の自民党議員は誰?セクハラや無断撮影で炎上!

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

複雑な事情により、自宅に居場所がない10代の女の子たちのためのシェルターを提供している「バスカフェ」。

2020年4月23日、ピンクのバスカフェ「Tsubomi Cafe」を運営するColabo代表の仁藤夢乃さんが、視察に訪れた自民党議員たちによる写真の無断撮影、10代の女の子へのセクハラなど、あまりに横柄なだったという態度を報告するツイートをし、大きな問題となっています。

この記事では、

・仁藤さんが指摘した自民党議員の行動
・視察に訪れた議員は誰?

という点についてみていきたいと思います。

バスカフェとは?

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

バスカフェとは、虐待や性的被害など、何らかの事情があり家で安心して過ごせない10代の女の子たち向けの無料カフェ

改装したバスを拠点に、渋谷、新宿で定期的に開催されています。

コロナによる外出自粛で親が家にいる時間が増えたりして、需要がますます高まっているのだそう。

フードバンク活動(安全に食べられるのに流通に出せない食品を企業などから寄贈してもらい、施設や団体に無償で提供)を行うNPOから提供された食事をはじめ、飲み物やスマホの充電もすべて無料で提供したり、

衣類・化粧品・生理用品の配布や、必要に応じて相談、行政・病院などへの同行支援、緊急一時保護も行っているそうです。

居場所がバレると困る女の子たちも多くいるため、基本的には直接の訪問はNGにされているようですね。

※大人の方・見学をご希望の方へ※

中高生、10代の方以外の参加や見学はしていただけません。当日の差し入れ、スタッフへの挨拶、バスの撮影等もお断りしています。

ご用のある方は事務局までご連絡ください。
バスカフェは10代女性のための場であり、突然お越しいただくと活動に支障をきたすため、ご理解願います。

女の子たちが出入りする場に直接お越しいただくことは迷惑となりますので、活動に関心を寄せていただける方には、別の形でサポートをしていただいたり、講演や研修などにお越しいただきますよう、よろしくお願いします。

引用:colabo-official.net

バスカフェ視察議員の態度やセクハラに怒り。仁藤夢乃さんツイートまとめ

このバスカフェ「Tsubomi Cafe」を運営する一般社団法人Colaboの代表を務めるのが、仁藤夢乃(にとう ゆめの)さん。

2020年4月22日、自民党議員の方がバスカフェの視察に訪れたそう。

そして翌日4月23日、仁藤さんがこのようなツイートをしました。

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

「5人までなら」と伝えていたにも関わらず、なんと事前連絡もなく15名ほどが当日訪れたとか。

それも、挨拶をしない、名乗らないなど、かなり失礼な態度だったようです。

居場所が分かると身の危険がある子たちもいる中、無断で撮影をされている議員もいたのだそう。

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

さらに、その横柄な態度だけでなく、ある議員が10代の女の子の腰を触るという、セクハラ行為まで目撃したという仁藤さん。

人目のある中での行為=セクハラという意識すらないのだと思いますが、それが余計に怖いですよね。

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

なお、無断で撮影された写真は、視察に訪れた議員のブログやSNSでやっぱり無断で掲載されていたよう。

これにも仁藤さんは憤りを覚えているようです。

幸いにもバスカフェを居場所としている女の子の画像は写っていなかったようですが、そもそもバスカフェがどのような意味のある場所なのかを分かっていないからこそ、簡単にできてしまう行為ではないでしょうか。

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

 
仁藤さんのツイートを見た参議院議員の矢田わか子さんも、この事態を重く受け止め、リプライを送っていました。
 

バスカフェ視察に来た自民党議員は誰?

肝心の視察に来ていた議員は一体誰だったのでしょうか?

セクハラした本人が誰なのかは分かっていませんが、現時点で参加していたことが把握できた議員は次のとおり。

馳浩(はせひろし)/元文科省大臣

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

4月22日のオフィシャルブログに、Colabo運営の夜カフェに視察に行ったことが書かれていました。

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰
バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

視察の様子を撮影した写真についても、おそらく無許可でTwitterに掲載。

仁藤さんのツイートでの告発が炎上してしまったため、掲載後に消してしまったようです。

※バスカフェを利用している女の子は写っていないようでしたが、念のため掲載は控えておきます。

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

馳議員は「ハウジングファースト勉強会」という党内グループを設立し、その会長として今回の視察を仕切っていたと思われます。

※ハウジングファーストとは、「ホームレス状態にある人の困難にはまず安心できる住まいを得られるようにしよう。住まいは権利である」という理念を中心とする、主にホームレス支援を目的とする社会政策や社会支援のための考え方だそう。

阿部俊子議員(農水副大臣)

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

鈴木隼人議員

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

鈴木議員は、後ろめたさがあったからなのか?、ツイートは既に削除されています。

井出ようせい議員

バスカフェ,セクハラ,視察,議員,自民党,馳浩,誰

 

バスカフェ視察のセクハラ騒動に馳浩議員が弁明?

今回の仁藤さんツイート内容を知ってか、馳議員は4月23日、早速ブログを更新。

「昨夜の視察について事実関係を。」として、視察を行うに至った経緯や、当日に行ったこと、そして大勢で参加したことに対する謝罪を述べていました。

☆昨夜の視察について事実関係を。

・あるNPO団体を通じて、ハウジングファースト勉強会事務局に、「新宿で、困窮している10代少女の居場所支援や寄り添い支援をしている団体が熱心に活動しており、視察をしてはいかがか!」との案内があり、午後5時過ぎには案内された現地にそれぞれで参集。

・現場に到着し、先ずはお手伝い。
団体代表のご指示に従い、バスから資材や食料などを運び出し、皆でテント設営。女性がほとんどなので、男性陣が率先して重いものを持ち、指示を受けて設営。

「男性陣が率先して重いものを持ち」とありますが、仁藤さんのツイートだと、「男性国会議員が大きな声で秘書を呼びつけて、荷物を運ばせようとする態度…」と言っています。

それが馳議員なのかはわかりませんが、仁藤さんや女の子サイドと、馳議員の感覚との間には明らかにズレがありますね…。

・設営後、代表者の方から、居場所もなく困っている10代少女にどんな支援をしているのか、パンフレットの配布を受けるとともに、とりわけ行政ではなかなかできないアウトリーチ型支援の重要性の説明を受ける。

・我々がいると、女子世代へのアウトリーチ型支援の邪魔になるので、活動が始まる6時頃にはそれぞれ現地解散。

☆視察に参加させていただいた事にお礼を申し上げ、退出。

☆しかし、女性支援の団体に、結果的に秘書を含めて10名を超える男性が参加してしまい、それだけで威圧感を与えてしまったというご指摘には、段取り不足も踏まえ、率直にお詫び申し上げたい。

ー4月23日 はせ浩オフィシャルブログ

大勢で押しかけたことだけが問題ではないと思うのですが、その辺りは分かっていらっしゃるのでしょうか。。

仁藤さんの一方的なツイート内容ではありますが、あれだけ具体的に書かれていると、事実ではあるような気がします。

本当なのであれば、ブログでの謝罪だけではなく、仁藤さん、Colaboスタッフの皆さんや利用者の女の子たちにも、きちんとお詫びをしてくれていることを願います…。