あゆ役女優の演技が下手すぎ!?芦田愛菜に似てる、1週回って面白いの感想も?

あゆ役,女優,演技,下手,下手すぎ,芦田愛菜,安斉かれん,面白い,誰

2020年4月18日から放送が始まったドラマ『M愛すべき人がいて』。

同名のあゆ自伝小説が題材で、あゆ役には、エイベックスの新人・安斉かれんさんが大抜擢されました。

ところが第1話が放送された後、あゆ役の子の演技が下手すぎる!一周回って面白い、などの声が多く上がっているようです。

今回は、そんなあゆ役・安斉かれんさんの演技動画やネットでの評価について見ていきたいと思います。

あゆ役・安斉かれんの演技が下手すぎ!芦田愛菜に激似?【動画】

あゆ役,女優,演技,下手,下手すぎ,芦田愛菜,安斉かれん,面白い,誰

①第1話冒頭で海を見て呟くシーン

こちらは第1話の冒頭で、売れっ子になったあゆが福岡で歌手を目指していた頃を回想するシーン。

「あの日も海を見ていたな…」というドラマでしか呟かなさそうなセリフを思いっきり棒読みで発する場面が衝撃的でした。

②マサとアユのアツい掛け合い

マサ役の三浦翔平さんの「俺の作った虹を渡れ!!」というセリフもかなり仰々しくて昼ドラっぽさを倍増させてます。

が、あゆ役の安斉かれんさん、これも中々のインパクト…!

あゆに似せているのか、鼻にかかるような声での演技が、幼少期の芦田愛菜ちゃんのモノマネにしか見えない、というような声もありました。

ちなみに本物の芦田愛菜ちゃんの演技はこちら。

まなちゃんの演技力は相当すごいですが、確かに声の出し方が真似てる?と思うくらい似てますね。

③歌も微妙?

こちらは、マサの前でまだ素人だったあゆが歌を披露するシーン。

下手という程ではない気もしますが、確かに第2のあゆ、と言われるほどかというと???という感じ。

ただ、これからあゆが歌姫へと上り詰めていく話でもあるので、敢えて素人感を出す演出なのかも?とも考えられるかもしれません。

※ちなみに、安斉かれんさんは元々歌手でデビューしていて、すでにオリジナル曲も4曲リリースしています。

あゆ役に安斉かれんが抜擢された理由は?

あゆ役,女優,演技,下手,下手すぎ,芦田愛菜,安斉かれん,面白い,誰

そもそもなぜ、演技経験のない新人歌手の安斉かれんさんが「あゆ」という大役を務めることになったのでしょうか?

テレビ朝日の服部宣之プロデューサーがこう語っています。

「この企画を進めるに当たり、アユ役をどなたに演じていただくかが最大のポイントでした。そんな中、ポスギャルとして多くのファッションメディアに登場する安斉さんのことを知り、その瞳の力強さを見たときに、この方に懸けてみようと思いました」

「ドラマは平成の歌姫誕生物語ですが、撮影は安斉かれんの成長物語や、リアル歌姫誕生の物語といった、いわばドキュメンタリーだとも思っています」

ーヤフーニュース_2020.4.21

建前上の理由っぽい感じもしますが…。

裏の理由としては、やはりエイベックスのかつての大スター浜崎あゆみのドラマを作るということで、同じ事務所所属の新人歌手×ギャルっぽいルックスがあゆのイメージにぴったりだった、と言ったところだったのではないかと予想しています。

 

あゆ役・安斉かれんの演技が下手すぎ!みんなの反応は?

あゆ役,女優,演技,下手,下手すぎ,芦田愛菜,安斉かれん,面白い,誰

ここまでであげた感想以外にも、視聴者からはどんな感想が上がっているのでしょうか?

あゆ役の子の演技が下手すぎ!という声は普通にありますが、物語の昼ドラ感、出演者たちの大袈裟な演技もあいまってか、一周回って面白い!笑わせにきてるのでは?という声すら出ているようです。

歌姫に上り詰めていくあゆと同じく、あゆ役の安斉かれんさんの演技も成長していくのでしょうか?

安斉かれんのWikiプロフィール!身長や本名、笑顔の画像は?実在しない説は本当?

TAGS: