土井レミイ杏利(レミたん)両親の国籍は?実家のピザ屋さんや家族情報もまとめ!

男子ハンドボールでオリンピック日本代表に選出された、土井 レミイ 杏利(どい れみい あんり)さん

レミたんという愛称で親しまれている彼ですが、日本とどこの国のハーフなのかが気になりますよね。

また両親の国籍や、何をしている人なのかについても知りたくなります…!

そこで今回は、土井さんの両親や国籍、土井さんご本人について詳しく調べてみました。

土井レミイ杏利(レミたん)の両親はどこ出身?

土井レミイ杏利さん近影

名前の通り、日本とのハーフであることは間違いなさそうな土井レミイ杏利さん。

そこで気になるのが、ご両親の国籍や出身地です。

まずは土井さんご自身の生まれた場所や育った国から見ていきましょう。

土井レミイ杏利は日仏ハーフ

土井レミイ杏利さんは、フランスと日本のハーフです。

土井レミイ杏利さんオフィシャルサイトのトップ画面

【出典】REMI ANRI DOIより

上の画像は、土井さんの公式オフィシャルサイトのトップ画面。

そちらにも記載されていますが、お父様がフランス人お母様が日本人とのこと。

土井さんオフィシャルサイトでのマーカー付き紹介文

生まれはフランスで、3歳の頃まで過ごしていたのだそうです。

その後は日本で暮らし、大学卒業後に語学留学のため再度フランスへ

ここで気になる土井さんの国籍ですが、彼は二重国籍ではなくご自身の考えで日本国籍を選んでいます

その理由については「学生時代の仲間たちに支えられた経験があったから」とコメントをしていました。

彼の詳しい学歴や経歴については、また後ほど紹介していきますね。

【父】ダニエル・フートリエさん

土井さんと父、ダニエルさんのツーショット

(左)父・ダニエルさん (右)土井さん

では次にフランス人の父、ダニエル・フートリエさんについて紹介をしていきます。

ダニエルさんは現在、日本在住。

国籍はフランスだそうです。

息子さんである土井さんのことを、幼い頃からとても可愛がってくれたのだそう。

今も息子を思う気持ちは変わらないようで、土井さんの心の支えとなっているようです。

めざまし8 on Twitterのキャプチャ

どんなに土井さんが厳しい状況にいても、「なんとかなるさ」と励ましてくれたというダニエルさん

土井さんがフランスのチームに入れるよう、サポートしてくれたのもダニエルさんだったそうです。

僕が一番感謝しているのは父です。
僕が引退してからも、「ハンドボールやれよ」ってずっと言ってくれていたのです。

【引用】日刊スゴい人!2017/07/13より

優しさが感じられるエピソードの多いダニエルさんですが、どうやらかなり明るい性格の持ち主でもあるよう。

各メディアでは、

  • 楽観的
  • 子煩悩
  • ユニーク

といった、ポジティブな言葉が多く並べられていました。

実際に、ダニエルさんは仮装をして、土井さんの試合の応援に駆け付けることもあるのだそう

下の画像は、ダニエルさんのお仕事場での一場面。

ダブルピースをするダニエル・フートリエさん

【出典】インスタグラムより

画像からもユニークなお人柄が感じられますよね。

【母】土井 美千代さん

土井さんのお母さんは日本人で、千葉県香取郡多古町の出身。

お名前は土井 美千代(どい みちよ)さんと言い、国籍は日本です。

お母様について、土井さんは次の様にコメントしています。

僕の母はいい意味で変わった女性で、僕らが小さいころからずっと言われていたことがあります。
「あんたたち好きなことやりなさい」「やるなら世界を目指しなさい」と。
父も母も色々なことを子どもに挑戦させるのが好きで、僕らも挑戦するのが大好きになりました。

【引用】日刊スゴい人!2017/07/13より

下で紹介する画像にご家族と思われる方々が写ってはいるものの、今のところ美千代さん単独の顔画像は見当たりませんでした。

ダニエルさんの左隣の女性が母・美千代さんなのかもしれませんが、定かではない様子…。

というのも父・ダニエルさんと違って、美千代さんは土井さんの試合にあまり応援に行くことがないのだそうです。

2017年当時の記事には、次のような記載がありました。

世界トップクラスで戦っているが、まだお母様は試合を一度も観に来ていないそうだ。
土井選手の1つの夢は、お母様が試合を観に来てくれる事だという。

【引用】日刊スゴい人!2017/07/13より

応援に行かない理由として、美千代さんは「最高のやつ(試合)を1回観れば十分だから」と答えたのだとか。

また性格としてはかなりアクティブな方のようで、経歴として次のように明かされています。

  • 独学でフランス語を習得
  • 単身、フランスへ渡る
  • 渡仏の理由は「田舎暮らしが嫌だった」から

土井さんのコメントにもあるように、子供達には「世界を目指せ」と教育してきたという美千代さん

美千代さんご自身の経験が、お子さん達への教育に反映されているようですね。

両親の出会い

土井さんの父・ダニエルさんと母・美千代さんの馴れ初めは、フランスで出会ったことがきっかけ。

美千代さんが、語学勉強のためにフランスで生活をしていた際に知り合ったのだそうです。

結婚式はパリで挙げ、その後、土井さんが3歳の頃に一家で日本へ移住。

現在はご両親ともに、千葉県成田市で生活されています。

土井レミイ杏利は千葉県育ち

3歳の頃に、フランスから日本へ家族で移住してきた土井さん。

日本では、母・美千代さんの生まれ故郷である千葉県で育ったのだそう。

市でいえば、成田市と印旛郡富里町(現在の富里市)での育ちとなるようですが、土井さんご本人は「多古町育ち」とコメントしています。

土井レミイ杏利の出身校は?

土井さんは小学校、中学校と地元の公立学校を卒業。

その後、浦和学院高等学校に入学し、日本体育大学へ進学しています。

ではここで土井さんの出身学校を時系列に沿って、小学校から見ていきましょう。

千葉県富里市立日吉台小学校 

千葉県富里市立富里北中学校 

学校法人 明星学園 浦和学院高等学校 

日本体育大学 

日本体育大学

【出典】日本体育大学Wikipediaより

ハンドボールを始めた時期は、日吉台小学校に通っていた3年生の頃。

お兄さんの影響で、ハンドボールの試合を観たことがきっかけだったそうです。

ハンドボールに出会ったのは小学校3年生の頃です。兄と妹が退くより1週間早く始めていて、僕はサッカーをやろうと思っていました。でも兄妹の見学に行って座って見ていたら監督が“やってみなよ”って。そしてその体験が終わった時にはサッカーのことは忘れて、完全にハンドボールの虜になっていました。

【引用】dメニュースポーツ アスリートインタビューより

その後も中学、高校とハンドボール部に所属していましたが、この頃は時に目立った活躍はなかったようです。

とはいっても、浦和学院高等学校はハンドボールの強豪校です

その中でどんどん頭角を現していった土井さんは、レギュラーに選ばれます。

中学校時代は弱小で、僕一人で15点、20点を取っても負けるようなチームでしたが、高校に進学する際に先生が強豪の浦和学院に推薦してくれました。(中略)
結果的には1年生の終わりにはレギュラーになりました。
その後、日本体育大学に推薦してもらって、そこでも2年生でメンバーに選ばれました。

【引用】日刊スゴい人!2017/07/13より

大学在学中のハードな練習で膝を故障し、一旦は現役を引退

数々の困難な状況を経験しつつも、今では日本代表に選ばれキャプテンとしても活躍が期待されている土井さん。

ここまで来るためには、やはり相当な努力が必要だったということなのでしょう。

土井レミイ杏利(レミたん)の両親はピザレストランを経営!

土井さんの実家のお店

そんな土井さんの活躍を幼い頃からずっと応援しているご両親は、ピザレストランの経営者だそうです。

「とても美味しい!」と評判のお店なのだとか。

ではさっそく、レストランの所在地や情報を紹介していきます!

レストラン「タコピザ アンド バーガーズ」

土井さんの父・ダニエルさんがシェフを務めるピザレストランの店名は「タコピザ アンド バーガーズ」

以前の店名は「多古ピザ」だったそうで、今では2号店もあるほどの繁盛ぶりだそうです。

【住所】 

2889-2242

千葉県香取郡多古町染井51-10

 

【電話番号】

0479-74-8365

 

食べログ:タコピザ アンド バーガーズ (TAKO PIZZA and BURGERS)

「タコピザ アンド バーガーズ」の所在地

お店を利用したお客様たちの反応を見てみますと、皆さん「美味しい」「大きい」とかなり好評のよう。

ダニエルさんのお店のバーガー

また、お料理だけでなくダニエルさんについて、こんなツイートも

2号店は千葉県の富里市にあり、こちらもボリュームと美味しさで人気のお店。

多古ピザさんの2号店のピザ

【出典】食べログより

ちなみに土井さんもフランス留学の資金を貯めるため、お店でアルバイトをしたことがあっそうです。

タイミング次第では、お店で土井さんに会えることがあるかもしれませんね。

土井レミイ杏利(レミたん)は何語が話せる?

土井さん近影

国籍は日本、そして日本語が堪能な土井さん。

フランス人の父を持ち、語学留学のためフランスへ渡った経験も持っています。

が、実際のところ語学力はどのくらいのレベルの持ち主なのでしょうか。

「ある程度はフランス語も」

以前に土井さんが、これからの展望についてインタビュ―を受けた際、次のようなコメントをしていたことがあります。                                                       

今後何をするかと考えた時、僕はフランス人の父のおかげでフランス語がある程度話せるので、数ヶ国語を話せれば武器になると考えて、まずはフランス語を学ぶためにフランス留学をしました。

【引用】日刊スゴい人!2017/07/13より

「ある程度のフランス語なら話せる」とのことですが、こう答えた当時は現在よりも4年前の、2017年。

その後もフランスのチームで活躍していますので、さらに語学力は上がっているようです。

7年過ごしたというフランスでは、言葉だけでなく文化の違いにも戸惑った様子。

(土井さん)「皮肉めいたギャグというのが(フランスでは)すごくウケるんですよ。(中略)しかも、皮肉の言い合いにおいてちゃんとした受け答えが出来ないと、わかっていないということで(会話の)仲間から外されてしまう。僕はそれに慣れていなかった上に、面白いとも感じませんでした。でも、馴染まないといけなかった。」

京都の洛中などを除き、皮肉を会話に織りまぜる文化は日本に馴染みが薄い。素早い頭の回転に加え、フランス語の高度な語彙力も必要になる為、土井が味わった苦労は計り知れない。

【引用】HANDBALL JAPAN 2017/07/05より

また、語学を学ぶために英語圏でも暮らしたことがあったそう。

ある程度その語学っていうのが話せるようなったら、
今後の就職にも役立つんじゃないかと思って。
フランス語を学びにフランスに1年行って。
帰ってきて次は英語圏に1年ぐらい行って、そこから就職活動して。

【引用】ニッポン放送2021/05/25より

土井さんは日本語とフランス語、それに英語が話せるようですね。

土井レミイ杏利(レミたん)には兄・妹も

土井さん近影

僕よりも早く兄妹が始めていた」ことがきっかけでハンドボールを始めた土井さん。

お兄さんや妹さんは現在、どのようなお仕事をされている方なのでしょうか?

ここではお兄さんや妹さんのお名前や、現在のお仕事について紹介していきます。

兄は代表取締役社長

お兄さんのお名前は、土井シャルル勝利(どい しゃるる しょうり)さん

国籍は弟さんと同じく日本だそう。

現在は食品加工の会社で代表取締役社長をされています。

土井杏利さんの兄・勝利さん

土井杏利さんの兄・勝利さん

社名に「(株)土井商事」とありますが、こちらの会社は母・美千代さんの祖父が興した会社だそうです。

主にカット野菜などの加工を手掛けています。

会社の代表として勤める前の勝利さんは、カーレーシングの選手をしていました。

海外でも活躍し、全日本選手権にも出場していたのだそう。

ご兄弟そろって、世界でも通用するアスリートなのですね…!

妹は有名ブランドのデザイナー

土井さんと妹の桜子さん

(左)土井さん (右)妹・桜子さん

妹さんのお名前は桜子(さくらこ)さんと言い、現在はデザイナーとしてイタリアで活躍中です。

イタリアに渡る前はフランスでエルメスのデザイナーに抜擢され実績を積んだという、華麗な経歴の持ち主です。

お兄さんも妹さんも整った顔立ちで、土井さんともやはり似ておられますね。

3人とも才能に恵まれた、努力家のご兄弟のようです。

土井レミイ杏利(レミたん)はどんな人

では最後に、土井さんご自身のお人柄について紹介していきます。

人気の秘訣は、トップアスリートであること以外にもあったようです。

TikTokで超人気!

TikTokでは「レミたん」として人気を集めている土井さん。

変顔をしたり女性になってみたりと、バラエティに富んだ動画を投稿しています。

見る人に元気を与えるようなユーモラスな動きやアイディアが話題となり、TikTokのフォロワーは現在170万人(2020年12月時点)に及ぶ。

【引用】Real Sound 2020/12/27より

2021現時点では、フォロワー数は200万人を突破していると言いますから、かなりの知名度です。

下で紹介する動画は「レミたん」として、特に人気の高いTikTokでの投稿をまとめたもの。

顔中、身体中を使って全力で笑わせてくれる土井さんですが、始めたきっかけは友人からの薦め「動画は趣味」なのだそう。

とはいえクォリティを高めるため機材にもこだわり、手振れ防止や照明にも気を配っているのだとか。

そしてそこには、さんのハンドボールへの思いも込められていました。

土井:(前略)ある日一つの動画がバズったんです。その一本の動画だけで、1日で4000人くらいフォロワーが増えたことに驚きましたし、TikTokの可能性に気付きました。しかも、その4000人はハンドボールと全く関係ない人たちでした。

 自分の活動を通してハンドボールという競技を広めたいという思いはずっとあるのですが、それにはフォロワーの分母の数を増やさないといけないし、ハンドボールをやっている人たちじゃなくて、その外にいる人たちに興味を持ってもらわないといけない。そういう意味でもTikTokは「もってこいのアプリだ!」と思い、ただ遊ぶだけじゃなく、そういう目標を持ちながらやろう、と決意した瞬間でもありました。

【引用】Real Sound 2020/12/27より

土井さんの思いは確かに届いたと見え、実際にハンドボールを始める人も増えたのだそう。

東京五輪の開催が近づくにつれて、ますます「レミたん」を応援するファンが増えていきそうですね。

“あのレミたん”がオリンピック選手?

TikTokでの「レミたん」があまりにも人気なこともあってか、オリンピックの代表選手だと知らなかったファンもいたようです。

実は日本を代表するトップアスリートだと知って、かなりのファンが驚いたのだとか。

レミたんに驚くファンのツイート

【出典】https://twitter.com/aya201707/status/1370400756671553537

確かに「レミたん」を先に知ってファンになった方からすれば、土井さんのアスリートとしての凄さには驚いてしまいますよね。

土井選手のハンドボール経歴

それでは最後に、土井さんのハンドボール選手としてのこれまでの経歴を見ていきましょう。

ハンドボール選手としての経歴

  • ハンドボールの強豪校、浦和高等学院で1年生でレギュラーに。
  • 日本体育大学では2年生でメンバー入り
  • 大学4年で膝の故障から現役引退
  • フランスへ語学留学した際、膝の痛みがなくなったため若手育成チームLNHディヴィジオン・アン(フランス)のセカンドチームに所属

プロ選手としての経歴

2013年~2017年
プロ選手としてスカウトされ、フランスの強豪チーム・シャンベリーに所属

2017年~2018年
フランス2部のシャルトル・メトロポール・ハンドボール28に所属

2019年~ 
7月に日本ハンドボールリーグの大崎電気へ加入

アジア選手権に日本代表として出場 (2016年、2018年、2020年)
ヒロシマ国際大会に日本代表として出場 (2016年)
世界選手権に日本代表として出場 (2017年、2019年)
フランスのオールスターゲームに出場 (2017年)
日韓定期戦に日本代表として出場、欧州遠征 (2019年)

膝の怪我、そして言葉と文化の違いを乗り越えて、ハンドボールの素晴らしさを伝えてくれる土井さん。

東京五輪への意気込みを聞かれ「明日にでもやりたいくらい楽しみ」とコメントをしています。

大勢のファンも「土井さんの雄姿を早く観たい」と、心待ちにしているに違いありません…!

error: Content is protected !!